パジェットガエル/マルメタピオカガエル)の飼育方法!値段・販売価格・寿命について。

最近、youtubeやSNSなどを覗いていると、カエルをペットとして飼育している人が増えている気がします。カエルのイメージといえば、「気持ち悪い。」とかあるかもしれませんね。

だけど、カエルもよく観察していると面白いものです。ツノガエルをはじめとしたカラフルなカエルもとても人気ですが、それに負けないぐらい人気なカエルがパジェットガエルです。

何ですかね。

あの~、ナマズみたいなとぼけた顔がかわいいのかもしれません。また、鳴き声は大きいですが、これもとても両生類とは思えない。犬、猫のような感じがかわいらしいんですよね。

そんなわけで、本日はパジェットガエルについていろいろと語ってみたいと思います。

パジェットガエル(マルメタピオカガエル)とは?

日本では、パジェットガエルと呼ぶことが多いようですが、別名、マルメタピオカガエルといいまして、タピオカガエル属に分類されます。

生息地

アルゼンチン、パラグアイ、ボリビアなど標高200m以下の地域に生息します。

形態

体長 11~12㎝

寿命 6~10年

動物界にはよくある話で、メスのほうが大きくなりやすい傾向にあります。実際、オスはメスの半分程度の大きさです。体の1/3は頭部で、ナマズのように口が裂けていて、上顎には歯、下顎の中央部には二本の牙が特徴的。名前の通り形状は丸く、しっかりと育てると饅頭のような形になります。

生態

川沿いの沼、皮に生息する水棲のカエルです。乾季になり水が干上があると、泥で繭を作り休眠します。外敵に襲われると大きな口を開け、高い声で威嚇し、鋭い牙で噛みつきます。

水棲ですが、あまり深い場所ではなく呼吸がしやすい浅い場所にいることが多く、水面や泥面に目だけ出して獲物が通りがかるのを待ちます。昆虫、甲殻類、両生類、小型爬虫類、魚類など自分の口に入るものなら何でも食べます。

雨季になると1回で2000個の卵を産みます。また、ものすごい成長速度で、幼生から1か月もすれば4~5cm程度には成長します。

パジェットガエル(マルメタピオカガエル)の飼育方法

販売先や価格について

ツノガエルと同様にペットショップで販売されていることが多いので、簡単に購入することはできると思います。楽天ショッピングやヤフーオークションでも販売されていますので、インターネット通販を利用するのもおすすめです。

価格も5000円~6000円程度で購入することができます。

水槽

水槽は、プラケースでも構いませんが、最終的には最低でも45㎝水槽をおすすめします。なぜなら、水棲のカエルで比較的泳ぎ回るからです。ツノガエルのようにじっとしているカエルではありません。

また、ベアタンクといいまして、砂や障害物を入れないような環境を作ってあげることをおすすめします。その理由は、パジェットガエルは間違えて砂を飲み込んで消化不良で死んでしまうというリスクがあるからです。

中には、砂を入れて飼育に成功している事例もあるようですが、個人的にはリスクだと思うのでベアタンクをおすすめします。

水位に関しては、呼吸をするのに水面まで息継ぎを行います。亀やツメガエルのように軽々、床から水面まで泳ぎ切るというようなタイプではありませんので、水位はパジェットガエルの二倍程度が丁度よいでしょう。

ヒーター

ヒーターは、パネルヒーターにするか、熱帯魚用のヒーターにすべきかは賛否両論ありますが、プラケースで飼育しているのであれば、パネルヒーターで良いと思います。個体が大きく、水槽でのびのびと飼育しているのであれば、熱帯魚用のヒーターが良いでしょう。

餌付けは、はじめのうちは食べない可能性がありますので、まずは購入後3日程度は餌を抜いて空腹にさせてあげるとよいです。空腹にさせたら、試しに餌をあげてみてください。

人工飼料を食べないのであれば、メダカや金魚などの生餌を与えてみましょう。餌を動かしたり、動くような餌であれば食いつきは良いと思います。また、気を付けていただきたいのは餌を与えるときは金属のピンセットではなく、爬虫類用の竹でできたピンセットを使うと怪我のリスクを下げられるのでおすすめです。

同じ生餌ばかり与えるのではなく、魚、昆虫、ミルワームなどバランスよく与えつつ、人工飼料も与えるというイメージですね。特に人工飼料は栄養バランスが良いのでメインで与えると良いです。飼い主さんが生餌が苦手なら、人工飼料だけ与えるのも一つです。その場合、栄養剤など使うのもおすすめです。

また、注意点なのですが、餌を与えている中でお腹にガスがたまるということがあります。これは食べ過ぎが原因で起こるものですから、治療法としてはしばらく餌を抜くと自然にガスが抜けますので効果的です。

水替え

水替えはろ過器を使用しないなら毎日換えましょう。使用するにしても最低数日に一回は換えることをおすすめします。水位が浅い上に、人工飼料や生餌は思った以上に水が汚れます。パジェットガエルは綺麗な水で飼育すべきなので水替えはしっかりと行いましょう。