サンショウウオ

サンショウウオ

ウーパールーパーの赤ちゃんから大人までの成長速度と大きさについて。

今日はウーパールーパーが赤ちゃんから大人になるまでの成長速度についてお話ししたいと思います。

さて、以前もお話ししたかもしれませんが、ウーパールーパーを飼育する場合はできるだけアダルトをおすすめしていました。その理由はやっぱりアダルトのほうが赤ちゃんよりも強いからです。

サンショウウオ

ウーパールーパーがかかりやすい病気と怪我と治療方法について。

ウーパールーパーを飼育するにあたり考えておかなければいけない問題点が病気やけがについてです。もちろん、これらにならないために水質、温度管理を徹底するとかも重要ですが、もしかかってしまった場合どうするか?ということも重要です。

また、ウーパールーパーの問題点は魚などとはことなり、薬浴を気軽にやってはいけないということです。

サンショウウオ

ウーパールーパーは成体にならない?大人のメキシコサラマンダーへ変体させる方法。

本来、ウーパールーパーはメキシコサラマンダーという学名名の生体で、ウーパールーパーは流通名です。名前の通り成体になればサンショウウオの成体になるはず。

実際、ソチミルコ湖に生息していたメキシコサラマンダーは成体になります。というのも、ソチミルコ湖には十分なヨウ素があったからです。しかし、普通に飼育すると水槽の水はヨウ素が少ないのでサイロキシンという甲状腺ホルモンを分泌することができず変態できないというわけです。

サンショウウオ

ウーパールーパーが餌を食べない?吐き出すのは病気?頻度や量などおすすめの与え方。

ウーパールーパーの餌付けは購入直後ではありません。熱帯魚とかなんでもそうですが基本的にペットショップから連れてこられて飼育環境が変わった直後は餌を食べません。

そのため、最低でも1日ぐらいは置きます。1日置いてもダメなら3日、3日置いてもダメなら1週間ぐらいは空腹な状態にさせても大丈夫です。また、空腹になればなるほど食いつきも良くなるので餌付けは成功しやすくなります。

サンショウウオ

ウーパールーパーは何種類?アルビノ・黒・マーブルの値段・通販について。

本日はウーパールーパーの種類や値段についてです。ウーパールーパーは飼育もしやすく見ていても非常にかわいいので育て甲斐がありますよね。小さいときは比較的動きますが、どちらかといえば普段はじっとしていることが多いです。餌を与えると時たま動き回ったりはしますよね。また、餌付けの時も普通に餌を与えても食べなかったりすることがありますから、ピンセットで口の前に餌を持ってくる。