ヘビ

ヘビ

アオダイショウのアルビノの販売価格!白蛇はかわいい守り神。

アオダイショウは家にいるゴキブリやネズミなどを食べてくれます。ネズミやゴキブリがいなくなれば家にある食料が守られます。だから、アオダイショウは古くから家の神として崇められ、殺してはいけないと言い伝えられています。

それに、アオダイショウは毒もありませんし、おとなしく、なつく蛇なので人からもあまり嫌われるような蛇ではありません。

さらに、アルビノといえば白蛇です。

ヘビ

アオダイショウは毒ヘビのニホンマムシを食べる話と見分け方について。

たまたまネットでみたハナシなので、びっくりしたのがアオダイショウがあのマムシを食べるというのです。マムシといえばハブよりも強力な毒をもっています。

一方、アオダイショウといえば毒はありません。これだけ考えるとマムシのほうが優勢に思えるかもしれませんね。

しかし、マムシがアオダイショウに劣るのは長さです。アオダイショウは大きなものであれば200㎝。マムシは大きくても60㎝程度。太さに関してはマムシのほうが太いです。

ヘビ

アオダイショウの飼育!餌・販売・寿命・最大・なつくなど飼い方について。

さて、私も中学生ぐらいのころにアオダイショウという蛇を飼育していたことがありました。うちの実家は木々が多く、竹やぶもあるので結構蛇やトカゲと遭遇します。

蛇を見つけると父親が退治しようとするんですが、たまたまその時、僕がいたので飼育するから捕まえてくれ。とお願いしました。小学生のころから蛇を捕まえるのに手馴れている兄に捕獲してもらいました。