マタマタは亀の一種!販売・値段・通販・寿命・水槽など飼育方法について。

個性的というか、特徴的なカメっていろいろいますよね。本日はマタマタというちょっと名前も形も面白い亀についてです。

さて、陸棲のカメも良いのですが、私個人的にはやっぱり水棲のカメが好きですね。理由は色々ありますが、やっぱり水の中を悠々と泳いでいる姿が見ていていいと思いますし、掃除が楽ってのはありますよね。

賛否両論あるかもしれませんが、これから亀を飼育するなら水棲のカメから始めると良いと思います。ベアタンクにしてしまえば水替えは楽だし、フンや食べ残しの処理も簡単です。

それに、肉食亀なら餌を手渡しして動かして食いつかせるということをしなくても金魚を泳がせておけば勝手に食べます。今回は初心者向けか?というとわからないですが、マタマタというカメです。

これも、水棲の亀でして、枯葉のような姿をしているのです。枯葉のような姿をしているから気が付かず目の前を通る魚などを食べてしまうんですね。肉食のカメではありますが扱いもそんなに難しいものではないかなと思います。

ただ、大きさが45㎝程度になるので大きな水槽が用意できないなら難しいですね。そんなわけで、本日はマタマタの生態や飼育方法などについてお話ししたいと思います。それでは行きましょう!

マタマタとは?

マタマタ(Chelus fimbriatus)爬虫綱カメ目ヘビクビガメ科マタマタ属のカメです。ちなみに、マタマタ属に分類される亀はマタマタのみになります。

生息地

エクアドル、ガイアナ、コロンビア東部、スリナム、トリニダード・トバゴ、ブラジル、フランス(仏領ギアナ)、ペルー東部、ボリビア北部、ベネズエラに生息します。

形態

最大甲長45cm程度になりますが、個体によってはそれを超えるものもいます。背中の甲羅は甲板ごとに盛り上がった亀裂(キール)があります。イメージは、大きな岩に枯葉が付いているような感じです。

もし、周囲に落ち葉がたくさんあれば岩があるだけに思えます。しかもマタマタは活発に動くようなカメではありませんので、魚も警戒せずにマタマタの前を通りがかります。うまく擬態して獲物と捕らえる役割を果たしているのです。

頭部は大きな三角形です。ほかのカメと違うところですが、頭が大きすぎるため甲羅に引っ込めることができないのです。丸い目をしており、平たい頭の先端のサイドについております。

口は頭の下にあり大きく咲けておりナマズのように少し笑っている感じがします。また口は突き出ています。首周りは太く長いです。頸部、頭部、四肢には房状の突起物が見られます。

fimbriatusは、房のあるという意味を指します。現地先住民の言葉でマタマタというのは皮膚という意味です。感覚器官の役割を果たすのが喉にある突起物です。

また、生息地によって個体の形態が若干異なります。アマゾン川系は頭部の張りは小さく、背甲を上から見ると長方形。腹甲にある黒い斑紋は不明瞭。一方で、オリノコ川系は頭部の張りは大きく背甲は上から見ると楕円形、腹甲の黒い斑紋がはっきりとしている。

生態

流れの弱い河川や沼地などに生息します。ほとんど水棲の亀ですが、浅瀬へ赴き日光浴を行います。基本水中で暮らすカメで陸地に上がるといえば産卵時のメスぐらいなもの。それ以外で陸地に上がることはほとんどありません。

また、活発に動く亀でもなく水の底で獲物が来るのをひたすら待ち続けます。肺呼吸を行います。長い首を伸ばし鼻を水面に突き出し呼吸を行います。

肉食性のカメで主食は小魚、カワエビなどです。獲物が気が付かず隠れ家だと思って近づいてきたら大きな口を開き水と一緒に獲物も吸い込んでしまいます。繁殖期は1回12~28個程度の卵を産みます。

寿命

マタマタは飼育下で15年程度は生きている事例があります。亀なので基本的には長生きです。しっかりと育てれば10年以上は生きると思います。

マタマタの飼育方法

販売先

マタマタはカメです。爬虫類に分類されますので通販で購入することは原則はできません。平成25年に法律が改正されて以降は通信販売はできなくなったんですね。

ただ、店頭で一度説明を受けたとか、イベントなどで予約注文を行い、後日ネットで購入するというのであれば可能です。ですので、マタマタを購入されるならショップへ行きましょう。

東京都町田市にある有限会社プラストさんで販売されていました。価格は色々なサイトを見ていますがピンキリですね。15000円~50000円程度で購入できます。サイズが大きくなれば大きくなるほど価格は高騰します。

水槽サイズ

幼体の段階であれば60㎝水槽でも飼育できますが、飼育下でも40㎝程度にはなる亀ですから90~120㎝水槽は用意したいですね。幸い?あまり動かないカメですから体長の2~3倍ぐらいあれば飼育は可能かと思います。

水質

そんなに水質に敏感な動物ではありません。魚のように入念な水合わせは必要はないですが、念のため温度合わせ程度やりましょう。

水質は、最低限カルキ抜きを使います。麦飯石を入れて1週間ぐらい水槽を回すか、バクテリア溶液でバクテリアを繁殖させるかですかね。PHは6.5~7.5程度で良いかなと思います。

水温

水温は26度~30度程度で良いでしょう。ヒーターとサーモスタットを使用して温度調整を行います。

飼育環境

アクアリウムでもベアタンクでもどっちでも良いです。ただ、ベアタンクのほうが掃除が楽なのでベアタンクを採用している人は多いですね。アクアリウムだと砂を敷くので掃除がちょっと面倒ですが見た目でこっちのほうがカッコいいですね。

流木は入れましょう。なんでマタマタはこういう形をしているのか?環境に溶け込み擬態するためです。となると、流木や枯葉があったほうが良いのです。

そして、水位を高くしたいなら石や障害物を置いてマタマタが登って呼吸ができるような環境を作ること。そうでないならマタマタが首を伸ばして呼吸できるほどの水位にします。

ろ過装置

水位をある程度高くするなら上部ろ過で良いと思います。上部ろ過はろ過能力が高いのでマタマタのよに水を汚す肉食亀には良いかなと思います。ただ、水位が低いなら上部ろ過にすると水が落ちる音がうるさいので、それが許容できないなら、亀用のろ過装置を使用すればよいと思います。

水替え

水位が低く、そこまでろ過力が高いわけではない小さなろ過装置を使用しているなら1週間に1回ぐらいは換えてあげましょう。上部ろ過であれば1か月に1度ぐらい30割程度の水を交換してあげればよいです。

餌はサイズによって異なります。自分の口に入るような餌を与えましょう。生餌であれば金魚、カワエビなどがおすすめです。慣れてくると人工飼料も食べますのでいずれは人工飼料をメインにしましょう。餌の頻度は幼体の段階であれば毎日もしくは二日に一度ぐらい与えます。

ただ、幼体の段階で餌を与えすぎると心臓に脂肪がたまり突然死の原因にもなるといわれているのでここが難しいところでです。脂肪をとり過ぎない、過食にさせない。しかし、幼体の段階では与えすぎないのもNGというのが難しいところです。

成体になればそんなに餌は与える必要もなくなります。一週間に2~3回程度でも問題ありません。むしろ、餌を与えすぎると寿命を縮める原因にもなりますのでほどほどに。