ヘビ

アオダイショウのアルビノの販売価格!白蛇はかわいい守り神。

アオダイショウは家にいるゴキブリやネズミなどを食べてくれます。ネズミやゴキブリがいなくなれば家にある食料が守られます。だから、アオダイショウは古くから家の神として崇められ、殺してはいけないと言い伝えられています。

それに、アオダイショウは毒もありませんし、おとなしく、なつく蛇なので人からもあまり嫌われるような蛇ではありません。

さらに、アルビノといえば白蛇です。

ヘビ

アオダイショウは毒ヘビのニホンマムシを食べる話と見分け方について。

たまたまネットでみたハナシなので、びっくりしたのがアオダイショウがあのマムシを食べるというのです。マムシといえばハブよりも強力な毒をもっています。

一方、アオダイショウといえば毒はありません。これだけ考えるとマムシのほうが優勢に思えるかもしれませんね。

しかし、マムシがアオダイショウに劣るのは長さです。アオダイショウは大きなものであれば200㎝。マムシは大きくても60㎝程度。太さに関してはマムシのほうが太いです。

ヘビ

アオダイショウの飼育!餌・販売・寿命・最大・なつくなど飼い方について。

さて、私も中学生ぐらいのころにアオダイショウという蛇を飼育していたことがありました。うちの実家は木々が多く、竹やぶもあるので結構蛇やトカゲと遭遇します。

蛇を見つけると父親が退治しようとするんですが、たまたまその時、僕がいたので飼育するから捕まえてくれ。とお願いしました。小学生のころから蛇を捕まえるのに手馴れている兄に捕獲してもらいました。

サンショウウオ

ウーパールーパーの赤ちゃんから大人までの成長速度と大きさについて。

今日はウーパールーパーが赤ちゃんから大人になるまでの成長速度についてお話ししたいと思います。

さて、以前もお話ししたかもしれませんが、ウーパールーパーを飼育する場合はできるだけアダルトをおすすめしていました。その理由はやっぱりアダルトのほうが赤ちゃんよりも強いからです。

サンショウウオ

ウーパールーパーがかかりやすい病気と怪我と治療方法について。

ウーパールーパーを飼育するにあたり考えておかなければいけない問題点が病気やけがについてです。もちろん、これらにならないために水質、温度管理を徹底するとかも重要ですが、もしかかってしまった場合どうするか?ということも重要です。

また、ウーパールーパーの問題点は魚などとはことなり、薬浴を気軽にやってはいけないということです。

サンショウウオ

ウーパールーパーは成体にならない?大人のメキシコサラマンダーへ変体させる方法。

本来、ウーパールーパーはメキシコサラマンダーという学名名の生体で、ウーパールーパーは流通名です。名前の通り成体になればサンショウウオの成体になるはず。

実際、ソチミルコ湖に生息していたメキシコサラマンダーは成体になります。というのも、ソチミルコ湖には十分なヨウ素があったからです。しかし、普通に飼育すると水槽の水はヨウ素が少ないのでサイロキシンという甲状腺ホルモンを分泌することができず変態できないというわけです。