ボールパイソンの種類/モルフ!アルビノ種の販売価格と値段について。

ボールパイソンをこれから飼育してみたいと思っている方も多いのではないでしょうか?芸能人がボールパイソンに戯れている姿をみると自分も飼育してみたいなんてね。

犬、猫よりも寿命が長く、上手に飼育すれば30年ぐらいは生きるといわれている蛇です。丈夫な蛇で飼育もシンプルなのでヘビを飼育したいならおすすめできる種類ではありますよね。

ボールパイソンの飼育方法!寿命・餌・大きさ・床材・シェルターなど。

2019年5月31日

飼育方法についてはこちらをご覧ください。大型のヘビなので飼育ケージのサイズなども把握しておく必要がありますね。

では、飼育するボールパイソンの種類(モルフ)をどれにするか?というのも考えないといけないと思います。ボールパイソン個々により若干性格はちがいますが、モルフによって大きく性格が違うということはあんまり考えられないと思います。

ですので、どっちかといえばカラーで選ぶ人が多いと思います。そこで、本日はボールパイソンのアルビノ種をさらに細分化させて販売価格の相場なども紹介してみようかなと思います。それでは行きましょう!

ボールパイソンアルビノ種の販売価格について。

まずは、ボールパイソンのハイコンアルビノです。ボールパイソンの中でも非常に人気で常に上位にいます。この色のボールパイソンを飼育している人は多いですね。アルビノということで目は赤く、黄色ベースに白の網目模様で蛇柄を作っています。うまくハンドリングをすると餌も手渡しできますし、蛇がなついてくる姿を見るのはやっぱりかわいいですよね。

販売価格の相場は50000~80000円程度です。ハイコンアルビノで1万円とかはまずありえないので何か病気をもっているとか、けがをしているとかの可能性も否定はできません。

ボールパイソンのアルビノといえばハイコンアルビノを想像される方もいますが実はこれから派生しているモルフもいますのでそれについてみていきたいと思います。

ボールパイソンアルビノピンストライプ

アルビノ種になりますので目が赤いのは共通しています。しかし、体表がレモン色よりの黄色をしていますね。

腹側はさらに薄くクリーム色をしております。最大で100㎝、太さは5㎝ぐらいになるそうです。最低で60㎝のケージがあれば飼育できるというのでそんなにハードルは高そうではありませんね。こちらの販売価格は税込みで70,400円(税込)です。値段は結構高いですがかわいいですね。

ボールパイソンアルビノパイボールド

こちらもアルビノ種になりますので眼は赤いです。基本カラーはハイコンアルビノとそっくりですが、模様が違いますね。黄色い部分は濃淡がハッキリしており、ヘビらしい模様になってます。

それ以外に白色の箇所もありますが蛇柄がない。しかし、非常にきれいなボールパイソンですね。こちらも60㎝規格のケージで飼育できるそうです。値段はもちろん高いです!はい、158,400円(税込) となります。

ボールパイソンアルビノエンチ

ハイコンアルビノと比べると蛇柄模様が非常に似ています。ただ、色が全然違いますね。ハイコンアルビノの場合は黄色と白がハッキリしていますが、こちらはどっちかといえば、クリーム色と薄い白色が配色されています。もちろん、メリハリがしっかりとした個体もいます。

価格もまあまあ高いです。94,400円(税込) 

以上3種類、爬虫類専門店ふくみずさん

ボールパイソンラベンダーアルビノ

模様はハイコンアルビノに似ていますが、黄色が濃く、ラベンダーとの斑紋が美しいですね。ただの蛇柄という感じではなく斑紋の中に点があるこれがまたほかの品種と違ってよいです。こちらも全長100㎝程度になりますので、60㎝規格のケージで飼育できます。販売価格55800円と上記のモルフと比べると若干安いですね。

kennytokyoさん

このほかにもアルビノをベースに作られたモルフがいます。ドリームシルク、アルビノスパイダーなど、いずれも通常のモルフと比較すると値段は高い傾向にありますが見た感じ非常にきれいなので欲しい方、飼育を決めた方は是非購入しましょう!