アカメカブトトカゲの飼育方法!値段・レイアウト・テラリウム・餌など。

本日はアカメカブトトカゲの飼育方法についてです。

ペットとして販売されているトカゲは色々な種類やモルフがいますよね。それこそ、トカゲによって随分と容姿が異なります。ニホントカゲやニホンカナヘビの様に小さくてかわいいトカゲもいれば、

海外の砂漠に生息する中型のトカゲもいます。ネズミなどの小動物を食べる。時にはワニ幼体まで食べてしまうコモドオオトカゲという今を生きる恐竜もいます。

一方で、フトアゴヒゲトカゲの様に雑食で野菜までもりもり食べるようなトカゲ。あれは、ちょうどいいサイズでハンドリングもしやすくかわいいですよね。

そんな、いろいろなトカゲの中でも、アカメカブトトカゲという種類のトカゲをご存知でしょうか?以前紹介したアルマジロトカゲほどではありませんが、まるでアニメや映画に登場するモンスターのようなトカゲ。

本当にかっこいいトカゲです。目の周りがオレンジ色。そしてつぶらな瞳と兜のような頭が特徴的なトカゲです。本日はそんなアカメカブトトカゲの飼育方法についてお話ししたいと思います。それでは行きましょう!

アカメカブトトカゲとは?

アカメカブトトカゲ(赤目兜蜥蜴、Tribolonotus gracilis)は、トカゲ科カブトトカゲ属に分類されるトカゲ。別名メベニカブトトカゲ。

分布

インドネシア(ニューギニア島)、パプアニューギニア(ニューギニア島)

形態

全長15-20cm。和名の通り成体は目の周りが赤やオレンジ色になる。胴体や四肢の鱗も大型だが、皮膚が露出している部分も多い。尾にはやや鉤状になった鱗が並ぶ。発声器官を持ち鳴くことができる。

生態

熱帯雨林の林床に生息する。夜行性で、昼間は落ち葉や倒木の下等で休む。食性は動物食で、昆虫類、節足動物、カエルの幼生等を食べる。繁殖形態は卵生で、1回に1-3個の卵を数回に分けて産む。

アカメカブトトカゲのレイアウトなど飼育方法について。

アカメカブトトカゲは、飼育方法が確立されていないとはいわれていますが、日本では繁殖に成功しています。皮膚が露出しているため乾燥と低温に弱いです。それさえ気を付けていれば飼育は可能です。

飼育ケージ

アカメカブトトカゲは最大でも20㎝程度にしかなりませんので、60㎝規格のケージがあれば広々と飼育することができます。また、爬虫類用のケージはアクアリウム水槽と比べると割高です。

60㎝規格でも10000円ぐらいはしますが、それでも初期投資しては非常に安く準備できるのではないかと。それこそ、大型のトカゲとなるとオーダーメイドでケージを依頼する必要もありますからね。

ケージ台については、スチールラックで充分です。ケージの中に入れるものを考えても軽いので充分耐久範囲内です。ただ、板は敷いておきましょう。そうしないとケージへの重圧が分散できないため壊れやすくなります。

床材

床材は色々です。飼育者の都合に合わせてどんなものを選ぶか変わってきます。例えば、ペットシーツだと交換するだけなので掃除は楽ですが、下に潜り込まれるなどデメリットもあります。では、人工芝はどうかというと、これも取り出して洗うだけなので掃除は楽です。ただ、保湿効果が低いです。

テラリウムで飼育することが基本になるので、やはり人工の床材ではなく天然の床材が一番良いのではないかと思います。

フロッグソイル、ヤシガラ、ココナッツ、クルミ、デザートサンドなど。サンドは臭いが付着しやすいというデメリットがありますし、ヤシガラ、ココナッツ、クルミ、腐葉土などは虫が沸きやすいです。

では、どうするか?

虫が沸いてきたらペット用のダニスプレーで除去します。また、1週間に1度、上から2~3㎝ぐらいを交換しましょう。尿が染み込むので衛生面を考えると定期的に好感するのはベストです。植物を植えて分解することもできますがやはり交換はすべきです。

販売価格

サウリア守口さん

販売価格は大体どこも10000円前後です。通販を考えている方もいらっしゃいますが、爬虫類は通販はできません。基本的には店頭やイベントで説明を受けてから購入する必要があります。通販は、事前に店頭で説明を受けて予約をした場合、資格を持っている場合のみです。そうなると普通の人は通販適応外ですね。大きな爬虫類ショップへ行けば販売されていますので比較的簡単に手に入るかなと思います。

シェルター

ペットショップで販売されているような爬虫類用のシェルターを使用しましょう。それ以外に、石や流木で隠れ家や登れるような環境を作っておくのはおすすめです。

水場

タッパーや爬虫類用の水入れを使用して水場を作ります。水は毎日交換しましょう。アカメカブトトカゲが水を飲んだり体を濡らし脱皮をする際に役立ったりします。

保温設備

暖かい地域に生息するトカゲなので保温設備を徹底する必要があります。ケージ内の全体を25~30℃程度に保ちます。なので、沖縄など温かい地域で飼育されている方や夏場などはこういった保温設備は無くても飼育は可能です。

ただ、25℃を下回るのはあまり良いことではないので、もし、下回る可能性があるなら保温設備は徹底しましょう。パネルヒーター、保温球もしくは暖突は必須。夜行性のトカゲなので紫外線灯はあればよいぐらいです。

パネルヒーターはケージ内の下3分の1を敷きます。30~40℃の設定で床材の部分が程よく温まる程度にします。保温球や暖突を使用してケージ内を25~30℃の適温にキープします。

湿度

湿度は60~70%程度です。

アカメカブトトカゲは多湿を好むトカゲなので多少湿度は高い環境にすべきです。ただ、あまり高くなりすぎるのも良い事ではありませんし、乾燥しすぎるのは脱皮不全の原因になります。

そう考えると大体この辺の湿度が理想かと思います。気を付けるのは湿度計を入れて、じめじめする梅雨に上がり過ぎていないか?上がりすげているなら除湿剤や除湿器を使用する。

逆に、冬など乾燥しやすい季節は下がり過ぎないか?下がり過ぎを防止するために必要なら加湿器も導入しましょう。もしくは霧吹きを吹きかけたり、ミズゴケを湿らせておくなどの対策をします。

自然界では昆虫類、節足動物、カエルを食べるのでこれを与えればよいです。ただ、その辺から捕まえてきたものですと寄生虫がいる可能性があります。もし、野生の餌を与えたいなら一度冷凍したものを与えるべきです。

個人的には、ペット用で販売されている餌をおすすめします。それなら農薬の心配もないので間違いありませんから。

食用ゴキブリ、コウロギ、ミルワームにカルシウム剤、ビタミン剤を添加して与えます。カエルはウキガエル、ツメガエルなど餌用のカエルを与えるとよいです。

寿命

およそ10年程度です。ペットとして販売されているトカゲの平均的な寿命ですね。