コモドドラゴン/オオトカゲは最強?天敵・毒性・速度など戦闘力について考察。

さて、爬虫類好きであるならこの動物の存在を知らないということはないでしょう。その名前は、コモドオオトカゲ(コモドドラゴン)というオオトカゲの一種です。

そして、最強と考えられる動物の一種にも挙げらています。

もちろん、どういった状況でコモドオオトカゲ(コモドドラゴン)なのか?というのもあると思います。いわば、ボクシングと空手では正式な実力を判断するのは不可能ということと似ていてそれぞれの得意なフィールドがあるでしょう。

そこで、今回はいつものように飼育方法ではなく、何故コモドドラゴンが最強なのか?これについて独断と妄想と科学的根拠を掛け合わせて解説していきたいと思います。それでは行きましょう!

コモドオオトカゲとは?

コモドオオトカゲ (Varanus komodoensis) は、有鱗目オオトカゲ科オオトカゲ属に分類されるトカゲです。また別名でコモドドラゴンとも呼ばれることが多いです。

生息地

インドネシア(ギリダサミ島、ギリモタン島、コモド島、フローレス島南部、リンチャ島)種小名にkomodoensisとありますが、これはコモドに生息するという意味です。

形態

最大全長313㎝、頭胴長70~130㎝、最大体重166キログラム。平均体長は220~300㎝、体重70kg程度。また、平均体重47kgという説もありますが餌が体内にあるかないか?これでも体重が大きく変動するため正確な数値ではないといえます。

生息地には数万年前まで肩高150㎝程度の小型の像が存在しておりました。それらを捕食したため大型化したとも考えられています。体の色は灰色で背中や頸部に茶色がかった個体も存在します。

身体は大きいですが頭部は細長く小さいです。吻は若干太く短いです。幅広く丸みを帯びた吻端は特徴的です。吻端寄りの鼻孔は少し前方へ向いて開いていいます。

嗅覚は物凄く発達しており、4km先にいる動物の臭いまでかぎ分けることができるのです。歯は根元から幅広く側偏で、先っぽがノコギリのように尖り後ろへ曲がっています。

縁はノコギリ状で獲物の肉をかみ切れるように発達しています。四肢は力強く、爪も鋭いです。尾は側偏しています。孵化直後の幼体は25~56㎝程度。幼体の段階では胴体にある黄色い斑点が特徴的です。

生体

雨期のみに水たまりができるような乾燥したサバンナ地帯に生息します。幼体は木の上で生活することが多いです。成体でも小さな個体であれば木に登ることはあります。

明け方ぐらいから日光浴を行い体温を温めてから活動を始めます。泳ぎも非常に得意で、450mの距離を泳ぎ切ったり、水深4mまで潜るなど。全長75㎝以下の小型の個体は木の穴、樹皮の下を巣穴とします。一方で全長75㎝~150㎝程度の個体は地表の穴を巣穴としたりもします。

さらに、150㎝オーバーの大型の個体であれば自ら巣穴を掘ったり、イノシシ、ジャコウネコの巣穴を占領し利用します。外敵が接近すると噛みついたり尻尾を振って戦います。

食性は肉食です。

水牛、ヤギ、コウモリ、サル、ジャコウネコ、鳥類、鳥類の卵、蛇、コブラ、ウミガメ、ワニ、ワニの卵、動物の死骸などを食べます。幼体の段階であれば中型のトカゲと同じく昆虫、ヤモリなどを食べます。

繁殖期になるとオスはコンバットダンスといいまして相撲の様に組み合ってメスを奪い合います。5~8月になると交配を行います。9月になるとツカツクリという鳥の巣に穴を掘り、1度に10~30個程度の卵を産み落とします。4月になると卵は孵ります。5~7年で成熟すると考えられています。

ちなみに、イギリスの動物園で飼育されているメスがオスと交配をせずに卵を産んだ事例もあります。このことからコモドオオトカゲの中にも単為生殖ができる個体もいることがわかりました。

強烈な毒

コモドオオトカゲが最強のトカゲといわれる理由の一つがこれです。少し前までは口の中にいる強力なバクテリアが動物の肉を一瞬で溶かすなどと考えられていましたが最近の研究では有毒物であるということがわかりました。

ヘモトキシンという毒で血液に入ると血液凝固を阻害しますので出血多量になりショック死を引き起こすという仕組みのようです。

噛みつく力は猫よりも弱いといわれていますが、ノコギリ状の歯で獲物の皮膚を加え引っ張る動作により皮膚をすり合わせ出血。歯の間にある毒管からこれが流し込まれるのです。

走るスピード

コモドドラゴンは時速20km/hのスピードで入り切るといいます。100mを20秒で入り切るスピードです。高校男子で14~13秒程度なので高校生ぐらいなら何とか逃げられるかもしれませんが、運動をしていない人はちょっと追いつかれてしまいますね。

コモドオオトカゲ/コモドドラゴンは本当に最強なのか?

百獣の王ライオンと比較してどう?

個人的にライオンは動物界でそんなに強いとは思えないので百獣の王?としました。体重で比較した場合は190kgもあるライオンと対峙して勝負になるか?というところですがライオンは皮膚があまり強いほうではないので噛みつかれてしまったらコモドドラゴンに勝機はあると思えます。ただ、コモドドラゴンの最大サイズとなるとライオンでは危ない気がします。

トラには勝てるか?

トラは大きなものになると300kg以上にもなるので体重差でちょっと無理ではないかと思うんですが、これも虎が噛みつかれてしまった場合は勝機はコモドドラゴンにあると思います。虎やライオンも入れることなのですが、コモドドラゴンの正面から行くと肢を噛まれるリスクが高いので後ろや横から行かないと危ないですよね。

アナコンダはどう?

アナコンダは体重250kg、長さ10メートルが最大です。最大サイズの倍近くあるのでうまくローリングすることができればアナコンダは勝てますね。ただ、蛇もそこまで皮膚が強くないので失敗して咬まれてしまった場合はさすがのアナコンダもコモドオオトカゲの毒には勝てないのではないかと思います。

イリエワニには?

史上最強の爬虫類といわれているイリエワニ。最大サイズが7m、体重450kgにもなるのでアナコンダのレベルではないです。それにワニは皮膚を守るために堅い鱗板(りんばん)という鱗が付いています。それを破って出血させることができるかがカギになりますが、いくらノコギリのような歯でもイリエワニクラスになるとさすがに無理だと思います。爬虫類でイリエワニに勝てる動物はいないと思います。

コモドオオトカゲ/コモドドラゴンは高い戦闘力はある。天敵はいるのか?

ライオンならばなんとかなると思うし、虎でも戦い方次第では勝機はあると思います。アナコンダやイリエワニクラスになってくると相当な戦闘技術がないと難しいと思います。それこそ人間クラスの知能があるコモドドラゴンでないと。

無差別級格闘技の試合をみてもやはり体重が重く、戦闘技術の高い選手が勝つ傾向にあります。それと同じでよっぽどコモドドラゴンに戦闘テクニックがあるならイリエワニに勝てないこともないかもしれませんが、普通に戦ってもまず無理でしょう。

ただ、コモドドラゴンの生息地であるコモド島であれば頂点に立っている生物ではありますので最強といえば最強なのかもしれません。なので、自分の生息地では天敵はいない。いるとすれば幼体のころで自分よりも強いワニなどです。ほかには人間ですかね。

また、密漁によって数も減らしているので結局は人間には勝てないというところはあるのではないでしょうか。ちなみに、コモドドラゴンに30人が噛まれ5人が死亡している事件もあります。

なんでもそうですが、このように状況や環境によって強さってのはずいぶんと変わってくるので何とも言えない部分は多いんですよね。ただ、それでも速いスピードで走行できる、歯間から抽出される毒を考えればずいぶんと強い動物です。トカゲの中では最強でしょうね。爬虫類の中でも上位5には入れるとは思います。