アフリカツメガエルの飼い方!アルビノの販売先や値段!餌や寿命は?

カエルといっても、本当にたくさんの種類がいますね。日本ではアマガエルやトノサマガエルなどをイメージされるかもしれませんが、ペットとして販売されている海外のカエルは個性的な種類がたくさんいます。

ほとんど動かずに餌が目の前に来たら食べるカエル。ツノガエルなんかはそーいう感じですよね。

ベルツノガエルの飼育方法!販売・値段・餌・寿命など飼い方について

2019年4月13日

ベルツノガエルをはじめとしたツノガエルは大きな水槽も必要ありませんので非常に飼育はしやすいと思います。ただ、デメリットとしては鳴き声がうるさいので集合住宅で飼育する場合は工夫が必要ですよね。

一方で、傾向としてあまり鳴き声がうるさくないカエルとしては水棲のカエルです。パジェットガエルは陸地に上げるとうるさいぐらい鳴きますが、水中に入れておくと鳴かないです。

今回は、パジェットガエルやツノガエル、そして肉食亀、肉食魚の餌としても販売されているアフリカツメガエルという水棲のカエルについてお話ししたいと思います。

生餌の飼育としても、観賞用の飼育としてもどちらもおススメですので是非検討してみてください。それでは行きましょう!

アフリカツメガエルとは?

アフリカツメガエルはツメガエルと省略されて呼ばれることも多いです。無尾目ピパ科ツメガエル属に分類されます。英表記で(Xenopus laevis)となりますが、Xenopusは風変わりな足という意味です。実験動物や飼育動物の餌として使用されることが多いです。

形態

成体の体長は5~13cm程度でさほど大きくはありません。オタマジャクシは魚のように真の鰓が無く、餌を喉に通すときにろ過し成分だけを供給させるという器用な構造になっているのですが、その時に鰓耙を使用します。これはガス交換を行うときにも使用します。

生まれてから比較的早い段階で肺が発達します。もちろん、オタマジャクシは水棲ですが、生体のカエルになっても生活拠点は水の中です。息継ぎをするときに水面まで泳ぎますがそれ以外は水の中を泳ぎ回って生活するので、ほかのカエルのように陸地でも対応するということはないのです。

観察するとわかりますが、平べったく小さい頭をしています。足は泳ぐために水かきが発達しています。5本指のうちの3本は爪が生えています。これがツメガエルの名前の由来です。

寿命

5年。飼育下では10年生きたという事例もあるそうなので、大切に飼育すれば長生きするかもしれません。

系統

野生種

南アフリカ

アルビノ種

色素欠損個体が野生種の自然発生から個体から作られました。過去にクローンガエルの製造に用いられたことがあります。

生態

小型の魚、無脊椎動物、もしくはそれらの死骸、水草などを食べる雑食のカエルです。アフリカツメガエルの特徴として舌やほかのカエルのような食物を噛み切るような歯を持っておらず、餌を食べるときは口の中に吸い込み、手でそれを押し込むようにして胃の中に入れます。

水中でも、底を泳ぐのではなく、真ん中の層を遊泳するので小さな魚類に近いところがあります。また、ナマズに似ており、口にヒゲが生えています。ほかの魚やオタマジャクシのように鰓が外側にないのは特徴的です。

水の中では、水の中央を泳ぎ、頭を斜め下に向けて位置をキープしている。そのため、植物も食べるけれども、ほかのオタマジャクシのように底砂まで行き食べるわけではありません。ちなみに、卵の直径は1~2mm程度。

アフリカツメガエルの飼育方法について。

アフリカツメガエルの販売先は?

アルビノ3匹が楽天ショップで販売されています。餌としても販売されているほどですので値段はそんなに高いものではありません。ペットショップに売っていないならネットショッピングを利用しましょう。

水槽

アフリカツメガエルは先ほどもお話ししたように、生活圏は水中で陸地には上がりません。そのため、飼育方法は底砂を敷くアクアリウムか水だけのベアタンクのいずれかになります。

ただ、個人的におススメなのはアクアリウムです。賛否両論あるかもしれませんが、アフリカツメガエルは水草を食べます。水草を植えるためにも底砂は強いておいたほうがい良いと思います。

水槽の大きさはアフリカツメガエルの全長が10㎝程度と考えると、最終的には45㎝以上の水槽がベストです。幼生の段階であればプラケースでも良いと思います。

水質

水棲生物なので、水質は重要です。都心に住んでいると水道水を使うしかありませんが、水道水をそのまま利用するのではなく、カルキ抜き、バクテリア剤を使用し、1か月程度ろ過もしくはエアポンプを回します。

バクテリアが繁殖しやすい環境を作るなら、ろ過機にセラミックなどのろ材を入れておくことで生物ろ過ができます。さらに、刺身の一切れ半ぐらいをろ材と一緒に入れておくことでバクテリアは繁殖しやすくなります。

バクテリアは試験薬を使うとアンモニアや亜硝酸塩が発生していることがわかるので、アンモニアや亜硝酸塩が強いようであれば、30%水替えを行いましょう。

水温

水温を20∼25℃にキープします。原産地が南国なのでやはり水温は高いほうが良いです。ただ、その中でも比較的丈夫なので多少水温が低くなっても大丈夫ですが、ヒーターとサーモスタットを使用してこの程度の温度をキープすることをおすすめします。夏場など気温が熱くなる季節は逆にヒーターを切っておいても問題はありません。

雑食で、水槽に水草を植えておけばそれを食べたりもしますし、自分よりも小さい魚やエビ、昆虫などを入れておくと食べます。ただ、栄養バランスを考えるとやはり人工飼料がおススメです。

餌付けの段階では恐らく人工飼料の食いつきがあまりよろしくないと思いますので、放流後数日空けてから生餌を与えてみてください。食いつくようになったら徐々に人工飼料に慣れさせて生きいましょう。人工飼料はカエルの餌、亀の餌や肉食魚の餌などが良いかと思います。

放流

水槽に入れる時の注意点ですが、いきなり水槽に入れるのはおすすめしません。というか、ダメです。水合わせや温度合わせを行います。小さなプラケースにアフリカツメガエルを入れておき、水槽の水をホースと分岐機を使用し点滴のように少しずつツメガエルが入っているプラケースに入れます。2時間程度すると水と温度が合いますのでここはしっかりと行いましょう。2時間しましたら放流しましょう。

掃除

ろ過装置を入れているのであれば掃除はそこまで頻繁に行う必要はありません。月に一度、給水ホースを使用し、底に沈殿しているフンや餌の食べ残しを吸い取るようにして30%程度水を換えてあげましょう。

もちろん、水はカルキ抜きやバクテリア溶液を使用します。ツメガエルの場合はよほど温度が低くならなければ大丈夫ですが、念のためツメガエルをプラケースに移し適温になってから温度合わせをして放流しましょう。

ちなみに、温度合わせは袋にツメガエルと以前の水槽の水を入れて、水替え後の水槽に袋ごと浮かせて置き、15~20分程度置いたら放流を行います。